Standart
Standart

Standart #15

通常価格 ¥1,900
/
税込み

スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン "Standart"。

2017、2018、2019年と3年連続でベスト・コーヒー・マガジン賞を受賞したStandart。

選び抜かれた言葉と美しいデザインで、スペシャルティコーヒーの文化を伝える。

コーヒーをはじめとする各界のプロフェッショナルが綴る物語やエッセー、さらにはインタビューを毎号15篇掲載。そのひとつひとつを読めば、コーヒーという窓を通じて世界を旅するような感覚を味わえます。

 

イエメン

世界で初めてコーヒーが商業用に栽培されたというイエメンですが、長きにわたる内戦と人道的危機の影響で、かつての栄光に影が差しつつります。コーヒーは世界進出のチャンスを掴んだこの地につかの間の平穏をもたらせるのでしょうか?

スペシャルティの限界:環境政策と左派

「スペシャルティ」とは、ある一定の水準をクリアしたコーヒーすべてに自動的に与えられるべき称号なのか。環境への取り組みは生豆の評価項目に加えられるべきなのか。あるチャットから始まった、「スペシャルティ」の定義を巡る熱い議論。

店名の裏側

カフェの店名に隠された意味や願いについて、世界中にある私たちお気に入りのカフェのオーナーやその友人に聞きました。

Meet Your Barista

「自分のコーヒー」を求めて小笠原諸島の父島にたどり着いたUSK COFFEEのUSK (宮川雄介)さん。台風吹き荒れる離島でコーヒー栽培に挑む彼の半生に迫ります。

ロブスタの再考

スペシャルティコーヒーの世界では長きにわたってアラビカの陰に隠れてきたロブスタ。でもそのイメージは現在変わりつつあります。私たちはベトナムへ向かい、ロブスタの起源に迫りました。

シャウト!

長崎県にあるKARIOMONS COFFEE ROASTERのオーナー伊藤 寛之さんに、バリスタの役割について彼が現在抱えているモヤモヤを吐き出してもらいました。

ボスでいるということ

ドイツ・ベルリンのThe Barn オーナーRalf Ruellerさんが語る、人生の波や輪について。コーヒーの世界に入る前は銀行員、さらには役者として生活し、日本での生活も経験した彼が目指すものとは。

コーヒー企業のサステナビリティ戦略

サステナビリティの推進自体は必要で良いこと。でも誠実さや真正性に目を向けると、「グリーンウォッシング」をはじめとする見たくない現実が浮かびあがってくることも。サステナビリティはどう評価し、誰に向けてどのようなメッセージを発信することが求められているのか、ワールドコーヒーリサーチ(WCR)に長年勤めるGreg Meenahan氏が解説します。

ホスピタリティ最前線:フードプリント

気候変動の主因であり、解決策にもなりうる食料生産。その行く末を左右するのが、私たちの日々の選択です。食べるものの選択や食品廃棄について考えなければいけないポイントをご紹介します。

欲望の客体

時としてセクシーな一面を見せるコーヒー器具に愛の言葉をささやく、バリスタやホームブリュワーの姿をまとめたフォトエッセー。

Meet Your Guest

性にまつわるモヤモヤを漫画で表現するパレットトーク。その編集長を務める合田 文さんが語る、日常に潜む偏見、会話の重要性について。 鍵は「問い続けること」。

ダイナーのコーヒーとVictorマグを愛してやまないアメリカ人の心理

白黒チェックの床に、ビニール張りのボックスシート、カウンターに並ぶシルバーのスツール、一杯の値段でポットから肉厚なマグに無限に注ぎ続けられるダイナーのコーヒー。欠点を分かっていたとしても、なぜダイナーコーヒーはあんなに恋しいのでしょうか? 

エンツォが豆を感じるようになるまで

すべてを失い、サンファン旧市街をさまよっていたエンツォ。そんな彼がカフェでの出会いから人生の再起を目指す物語。

ローマ

犬も歩けば史跡にあたるローマ。灼熱の太陽から逃げるようにカフェに駆け込むと、そこにはタイムトラベルのヒントが。

 

(公式ウェブサイトより抜粋: https://www.standartmag.jp/ )

この商品を購入した方へのおすすめ