Trivia

エチオピアはアラビカ種の原産地として知られています。 一説では、はじめてコーヒーを飲用した国とも言われています。 多くの生産国とは異なり、コーヒー栽培は植民地時代の遺産ではなく、標高1500mの高原に自生していた野生のコーヒーの木から始まりました。 プランテーション、大農園はほとんどなく、今でも多くの原生林が残り、一部のコーヒーは野生の樹木から収穫されています。 また、エチオピアの土壌はコーヒーノキの生育に非常に適しているため、約9割はオーガニックで栽培されていると言われている。 多くの生産者が家族経営の小規模生産者で、生産処理システムを持たず、地区にあるウォッシングステーションに赤いチェリーを持ち込み、ウォッシングステーションの名前や地域の名前で販売されることが一般的です。 近年では、スペシャルティコーヒーの流行と品評会などの取り組みもあり、単一農園のコーヒーにも注目が集まっています。 エチオピアはコーヒーノキ、アラビカ種の遺伝的多様性が世界一豊かな国であり、コーヒーの未来を担っている生産国の一つです。 コーヒーはエチオピアの重要な収入源であり、人口の約5分の1がコーヒー産業に携わっています。 ・世界の生産量ランキング   5位 ・主な品種   エチオピア原種(在来種) ・収穫時期   10月〜2月 ・精製方法   ウォッシュド   ナチュラル
続ける
コーヒー豆は、賞味期限を過ぎると衛生上の問題が発生する生鮮食品ではなく、賞味期限を過ぎても問題が発生しない食品に分類されます。 しかし、賞味期限を過ぎると、風味や栄養価が落ちる可能性があります。 豆の状態でも挽いて粉にした状態でも保存方法は変わりませんが、粉にしたものは、空気との接触面積が大きくなり、より早く酸化し、嫌な酸っぱさやえぐみが出てしまいます。 そのため密閉度の高い容器に入れて保管することをおすすめします。 開封前でも後でも、日が当たらない冷暗所である"食器棚"などがコーヒー豆の保存場所として理想的です。 なぜなら、コーヒーが嫌う「高温」「湿気」「過度な乾燥」「日光」を避けられるからです。 是非あなたのコーヒー豆の保管方法を見直してみてはいかがでしょうか。
続ける
コーヒー豆の収穫は、亜熱帯では主に年に1回、熱帯では年に2回行われます。 収穫時期は国によって短かったり、長かったりすしますが、1年を通して行われることはありません。 つまり、他の農産物と同様、コーヒー豆は"旬"がある作物なのです。 また、生産国によっても収穫時期が異なります。 旬のコーヒー豆を見つけて、季節の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。
続ける
シングルオリジンには様々な定義がありますが、広く認められているのは、ある農園の一区画で栽培・収穫された生豆のことを指します。 範囲を広げて、複数の農園で栽培されたコーヒーチェリーを合わせて、1つのウォッシングステーションで精製したものを、シングルオリジンということもあります。 このタイプのコーヒー豆は、コーヒー好きをも熱狂させる独特な個性を秘めています。
続ける