From Seed to Cup

From Seed to Cup

最近よく耳にするようになった、この言葉。

"From Seed to Cup"

この言葉は、生産地の種(シード)からコーヒーとして消費者の手に渡るまで、全ての工程を徹底した品質管理がなされていることの重要性を表しています。

コーヒーとして提供されるまで、栽培、収穫、生産処理、ピッキング、カッピング、出荷、焙煎、ハンドピック、グラインド、抽出といった工程があるのです。