酸味の正体

酸味の正体

このトリビアでは、酸味の正体についてご紹介します。

コーヒーの生豆にはもともとクエン酸、リンゴ酸、キナ酸、リン酸など、酸味につながる成分が含まれています。

しかし、これらがそのままコーヒーを飲んだ時に感じる酸味ではありません。

焙煎することによって、生豆に含まれる成分が化学反応を起こし、新たに酸が生成されます。

それが酸味の正体です。

生豆によってこれらの成分比率が異なるため、コーヒーによって酸味の質や強さが違います。

酸の量は、焙煎途中までは増えていきますが、焙煎がさらに進むと酸は熱分解され、深煎りの場合では酸味が減る傾向にあります。