蒸らしの科学

蒸らしの科学

コーヒーの抽出に必要不可欠な要素として、「蒸らし」があります。

コーヒー豆の粉は、お湯に触れると蒸らしが始まり、内部の二酸化炭素などのガスを放出し始めます。

内部のガスを放出させることで、粉はお湯を含みやすくなり、成分がお湯に溶け出るようになります。

新鮮な豆をハンドドリップをすると、粉が膨らむことがあると思います。

その膨らみは、コーヒー豆の中に含まれていたガスが放出されている証拠です。

このガスを放出しきらない状態で、お湯を注ぎ続けると、ガスが邪魔をして、うまくドリップができないということがあります。

蒸らしやドリップの淹れ方に正解はなく、コーヒー豆の特徴や、抽出する環境、味の好みによってベストな蒸らし時間や淹れ方は変わります。

自分の好みの淹れ方や蒸らしの方法を見つけてみてください!