缶コーヒーの歴史

缶コーヒーの歴史

現在も生産され続けている缶コーヒーの中で最も古いものをご存知でしょうか。

1969年、UCCの創業者の上島忠雄氏は、当時は瓶入りのコーヒー牛乳が主流な中、自身の体験から缶コーヒーの開発に至りました。

開発の裏にはこんな物語があったそうです。

ある日、上島氏は駅の売店でコーヒー牛乳を買ったが、飲み終わる前に発車ベルがなってしまう。

瓶は返却しなければならなかったため、飲み残したまま売店に返却しました。

この時の「もったいない」という気持ちが持ち運び可能な缶コーヒーの開発につながったと言われています。

その後、缶コーヒーの発売翌年に開催された大阪万博での好評を機に広く普及しました。