代表的な品種 SL34について

代表的な品種 SL34について

SL34は、ティピカの突然変異種と言われており、ケニアの地元農園とスコット農業研究所が共同研究を行い生まれた品種です。

SL28と同様に名前の「SL」は、「Scott Laboratories」の略で、34番目に開発された品種であることが名前の由来になっています。

SL34は高地での栽培に適していて、一般的にアラビカ種が栽培しにくいとされる雨量の多い地域でも順応することができます。

またSL28とは異なり、収穫量も多いことからケニア全土で広く栽培されています。

カフェで見かけたら是非飲んでみてください!

・味わいの特徴

 華やかな香りと強い酸味。

・主な生産国

 ケニア