代表的な品種 カトゥーラについて

代表的な品種 カトゥーラについて

カトゥーラは、ブルボンの突然変異種と言われています。

1937年、ブラジルのカトゥーラという町の近くで発見されたことが起源とされています。

カトゥーラの特徴はその木の大きさです。

カトゥーラの木は小型で、樹高が低い上に枝が密集しているため、木と木の間隔を狭めて栽培することができます。

つまり、同じ広さの土地により多くの木を植えることができ、その分だけより多くのコーヒー豆を収穫することができます。

・味わいの特徴

 軽やかな甘さ、豊かな酸味がある。

・主な生産国

 コロンビア

 コスタリカ