世界のコーヒー文化 ポートランド編

世界のコーヒー文化 ポートランド編

アメリカの西海岸にあるオレゴン州の街、ポートランド。

ポートランドの街中には気取らないおしゃれなカフェ、アパレル、本屋、雑貨屋などで溢れています。

ポートランドは、スターバックス発祥の地として知られているシアトルの少し南の方に位置しており、シアトルに引けを取らないくらいコーヒーが街の人に愛されています。

サードウェーブコーヒーの立役者として知られているStumptown Coffee Roastersはポートランド発祥です。

メルボルンと同様に、ポートランドも地元志向が強く、それぞれが自分のお気に入りのカフェを持っており、毎朝そこでコーヒーを買って仕事に向かうというライフスタイルが確立されていて、チェーン店も進出に苦戦を強いられているようです。

実際に、スターバックスがポートランドに進出する際には住民による反対運動が起こったほどです。

ポートランドのカフェは、ゆったりとした雰囲気の店が多く、ぎっしりと席を敷き詰めるのではなくて、広い空間にぽつんぽつんと席が置いてある店が多いです。

経営の観点からは、回転率が悪くて売上の低下につながるのかもしれませんが、雰囲気を重視するスタイルが街では受け入れられています。

・代表的なカフェ

 Stumptown Coffee Roasters

 Heart Coffee Roasters

 Case Study Coffee

 Coava coffee