コーヒー豆ってどうやって保存すればいいの?

コーヒー豆ってどうやって保存すればいいの?

コーヒー豆は、賞味期限を過ぎると衛生上の問題が発生する生鮮食品ではなく、賞味期限を過ぎても問題が発生しない食品に分類されます。

しかし、賞味期限を過ぎると、風味や栄養価が落ちる可能性があります。

豆の状態でも挽いて粉にした状態でも保存方法は変わりませんが、粉にしたものは、空気との接触面積が大きくなり、より早く酸化し、嫌な酸っぱさやえぐみが出てしまいます。

そのため密閉度の高い容器に入れて保管することをおすすめします。

開封前でも後でも、日が当たらない冷暗所である"食器棚"などがコーヒー豆の保存場所として理想的です。

なぜなら、コーヒーが嫌う「高温」「湿気」「過度な乾燥」「日光」を避けられるからです。

是非あなたのコーヒー豆の保管方法を見直してみてはいかがでしょうか。