コーヒー生産地 レユニオン島について

コーヒー生産地 レユニオン島について

レユニオン島は、マダガスカルの800km東に位置する、沖縄の2倍程度の大きさの火山島です。まだ

1715年、フランスがレユニオン島にイエメンからコーヒーの木を移植したと言われています。

当時、この島はブルボン島と言われていたことから、最初に植えられた品種にこの名前が付けられました。

1720年代にコーヒー栽培が広まり、1800年代には生産量が4,000トンにまで達しました。

1771年には、この島固有の品種であるブルボン・ポワントゥが誕生しました。

この種はほとんど消滅しかけていましたが、2000年代の初めに息を吹き返しました。

生産量がごくわずかであるため、かなり高価ですが、コーヒーショップで見つけたら、ぜひ飲んでみてください!

・世界の生産量ランキング

  対象外

・主な品種

  ブルボン

  ブルボン・ポワントゥ

・収穫時期

  10月〜2月

・精製方法

  ウォッシュド