コーヒー生産国 ルワンダについて

コーヒー生産国 ルワンダについて

ルワンダはアフリカ東部に位置し、タンザニアやブルンジなどのコーヒー生産国と隣接しています。

国の面積は、四国の1.5倍ほどの小さな国ですが、「千の丘の国」と呼ばれるほど標高の高いエリアが多く、それにより昼夜の温度変化が激しく、身の引き締まった美味しいコーヒーができます。

1904年、ルワンダにコーヒー豆はドイツ人宣教師によって持ち込まれました。

ルワンダは、気候や地理的条件がコーヒー豆の栽培に適しています。

生産者の多くは組合に所属し、組合単位でウォッシングステーションを運営しています。

また、政策として、スペシャルティコーヒー以外の生産を抑制しており、スペシャルティコーヒーの生産に力を入れています。

そのため、コーヒー豆の価格は高価で安定しています。

問題点としては、ルワンダのコーヒー豆は稀にバクテリアに汚染され、古いじゃがいものような嫌な匂いを放つことがあることです。

この問題は、ブルンジにもみられ、2国にとって解決すべき問題になっています。

・世界の生産量ランキング

  28位

・主な品種

  レッドブルボン

・収穫時期

  3月〜6月

・精製方法

  ウォッシュド