コーヒー生産国 メキシコについて

コーヒー生産国 メキシコについて

コーヒーの木は18世期末、アンティル諸国からメキシコへと渡りました。

メキシコのコーヒーは長い間、安価で平凡だと見なされてきました。

生産者は、生産性が低い、インフラが未整備、政府からの支援が不十分、などといった多くの問題に直面していましたが、2012年に開催されたカップ・オブ・エクセレンスは、メキシコの生産者たちに個性のある高品質なコーヒーをアピールする機会を与え、今やメキシコのコーヒーは世界中から注目を集めつつあります。

・世界の生産量ランキング

  11位

・主な品種

  マラゴジッペ

  パカマラ

  ブルボン

  ティピカ

  カトゥーラ

  ムンド・ノーボ

  カトゥアイ

  カティモール

・収穫時期

  11月〜3月

・精製方法

  ウォッシュド