コーヒー生産国 ボリビアについて

コーヒー生産国 ボリビアについて

1880年頃、ボリビアでコーヒーの生産が始まったと言われています。

ボリビアは南アメリカ大陸の中央に位置し、内陸国であるための輸出に関する問題がコーヒー業界の発展を妨げている。

"高原の国"として知られるボリビアは、標高が高く、土壌が肥沃で、ペルーとの国境にあるチチカカ湖からの湖水の蒸発によって適度な湿度がもたらされ、コーヒー栽培に適切な環境条件を備えています。

しかし、コーヒー農家は減少し、それに伴い生産量も年々減少しています。

その原因のひとつとして、コーヒーよりも市場価格が安定しており、政府の規制も緩いためコカの栽培へと切り替えるケースが多いことが挙げられます。

今やボリビア全体のコーヒー生産量は、ブラジルの1つの大農園が生産する量に届かないほど少量となっています。

もしかしたら、近いうちにボリビアのコーヒーは見られなくなるかもしれません。

・世界の生産量ランキング

  30位

・主な品種

  ティピカ

  カトゥーラ

  ジャバ

・収穫時期

  7月〜11月

・精製方法

  ウォッシュド