コーヒー生産国 ペルーについて

コーヒー生産国 ペルーについて

16世紀、ヨーロッパ人がコーヒーの種子を南アメリカ大陸に持ち込み、エクアドルを経由してペルーに持ち込まれました。

120,000ほどの小規模農家による生産が大半を占め、標高が非常に高い場所でプランテーションが行われています。

ブラジルとコロンビアという2大国の陰で、ペルーのコーヒーは、この国ならではの個性が不足していることに悩まされていましたが、2020年に"Coffee of the Year"を受賞すると一躍スペシャルティコーヒーの生産国として世界に名を轟かせました。

・世界の生産量ランキング

  8位

・主な品種

  ティピカ

  ブルボン

  カトゥーラ

・収穫時期

  7月〜9月

・精製方法

  ウォッシュド