コーヒー生産国 パプアニューギニアについて

コーヒー生産国 パプアニューギニアについて

パプアニューギニアは太平洋に浮かぶ島国で、面積は日本よりは大きいが、人口は日本の30分の1ほどです。

1926年、ジャマイカの宣教師によってブルーマウンテンの苗木が持ち込まれたのがコーヒーの歴史の始まりと言われています。

そして、1950年頃からインフラが整備され、本格的にコーヒー豆の栽培が始まりました。

現在では、約95%は小規模農家であり、ほぼ全ての農家はアラビカ種を栽培しています。

パプアニューギニアは、適度な降水量、昼夜の気温差、肥沃な土壌、標高といった恵まれた環境条件が揃っており、コーヒー栽培に適した土地です。

パプアニューギニアのコーヒーの歴史はまだまだ浅いが、可能性に満ち溢れた国で、コーヒー業界から注目が集まっています。

・世界の生産量ランキング

  19位

・主な品種

  ブルボン

  ティピカ

  アルーシャ

・収穫時期

  4月〜9月

・精製方法

  ウォッシュド