コーヒー生産国 パナマについて

コーヒー生産国 パナマについて

パナマではコーヒー栽培は19世期末に導入されました。

ミネラルをたっぷり含んだ火山性土壌、標高の高い土地、豊富な雨量、日照時間などコーヒーの栽培条件に恵まれています。

栽培は家族経営または中規模の農家によって行われてます。

1996年のコーヒー危機の後、パナマは成長の原動力として、スペシャルティコーヒーの道を選択し、現在、パナマコーヒーは、生産量は少ないが、2004年のベスト・オブ・パナマでエスメラルダ農園のゲイシャが優勝し、一大旋風を巻き起こしました。

また、トレーサビリティも整っており、生豆の生産ロットが栽培された農家の畑の区画まで遡ることもできるのです。

・世界の生産量ランキング

  34位

・主な品種

  ゲイシャ

  カトゥアイ

  カトゥーラ

  ティピカ

  ブルボン

・収穫時期

  11月〜3月

・精製方法

  ウォッシュド

  ナチュラル