コーヒー生産国 ハイチについて

コーヒー生産国 ハイチについて

カリブ海に浮かぶ国、ハイチ。

1725年、ハイチがフランスの植民地時代にフランス人によりコーヒーノキが持ち込まれたのが始まりと言われています。

実は、1700年代、ハイチは世界最大のコーヒー豆の生産国で、世界に流通していたコーヒーの50〜60%を生産していました。

しかし、政治的な混乱のため、コーヒー農家はボイコット運動により生産をやめ、コーヒー産業は急激に衰えてしまいました。

1850年頃には、再びコーヒー栽培は盛んになり、一時期は世界でトップ3に返り咲きました。

最近では、自然災害の影響もあり、コーヒー豆の生産量は急激に落ち込んでしまっています。

このようにハイチはコーヒー豆の生産量は大きく変動する傾向にあり、今はあまり生産量が多くありませんが、再びコーヒー生産大国になる可能性を秘めています。

・世界の生産量ランキング

  23位

・主な品種

  ティピカ

  ブルボン

  カトゥーラ

・収穫時期

  8月〜3月

・精製方法

  ウォッシュド

  ナチュラル