コーヒー生産国 ジャマイカについて

コーヒー生産国 ジャマイカについて

1728年、ニコラス・ローズ卿によって、フランス領マルティニークからジャマイカへコーヒーの種子が持ち込まれました。

栽培はキングストン地区で始まり、缶コーヒーの名前の由来にもなっているブルーマウンテン地区へと広がっていきました。

また、ブルーマウンテンは麻袋ではなく、樽で出荷され、そのほぼ全てのロットが日本とアメリカで消費されています。

今やブランド化されたブルーマウンテンは、高級なプレミアムコーヒーとして珍重されています。

・世界の生産量ランキング

  44位

・主な品種

  ブルーマウンテン

  ブルボン

  ティピカ

・収穫時期

  9月〜3月

・精製方法

  ウォッシュド