コーヒー生産国 コロンビアについて

コーヒー生産国 コロンビアについて

1732年頃、コーヒーノキが初めて植えられ、コーヒー栽培は国全体へ広がり、19世紀初頭から商業化されるようになり 、1927年には生産から流通までを管理するコーヒーの生産から流通までを管理する「コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)」が設立されました。

アンデス山脈がコーヒー栽培に適した気候を作り出しているが、地形が険しいため栽培面積を広げることが難しく、多くは小規模農家でアラビカ種のみを栽培しています。

コーヒーは、全体の輸出量の約1割を占め、この国のアイデンティティを象徴する農産物になっています。

・世界の生産量ランキング

  3位

・主な品種

  カトゥーラ

  カスティージョ

  ブルボン

・収穫時期

  10月〜1月、4〜6月

・精製方法

  ウォッシュド