コーヒー生産国 キューバについて

コーヒー生産国 キューバについて

カリブ海に浮かぶ熱帯の島国、キューバ。

面積は日本の本州の半分ほどの大きさで、人口は1126万人ほどの小さな国です。

1748年、スペイン移民がコーヒーノキを植えたのがキューバのコーヒーの始まりと言われています。

その後、コーヒー栽培は島全体に広がり、今ではキューバの代表的な農産物となっております。 

キューバは、温暖な気候、適度な降水量、昼夜の気温差、肥沃な土壌、標高といった恵まれた環境条件が揃っており、コーヒー栽培に適した土地です。

しかし、ハリケーンによる被害を受けやすく、生産量が不安定になることもあります。

キューバから輸出されたコーヒー豆の70%〜80%は、日本とフランスに輸出されており、日本でも取り扱っているコーヒーショップも多くあります。

コーヒーショップで見かけたら、是非飲んでみてください!

・世界の生産量ランキング

  44位

・主な品種

  ティピカ

  ブルボン

  カトゥーラ

  カトゥアイ

  カティモール

・収穫時期

  7月〜12月

・精製方法

  ウォッシュド