コーヒー生産国 インドネシアについて

コーヒー生産国 インドネシアについて

一万数千もの島々で構成されるインドネシア。

古くからコーヒーを栽培し、世界第4位の生産量とアジアで2番目の輸出量を誇ります。

インドネシアにおけるコーヒーの歴史は、1699年にオランダ人がジャワ島にコーヒーノキを植樹したのがきっかけです。

当初はアラビカ種のみ栽培されていたが、1876年に収穫量の大部分がサビ病に侵されてしまう。

これを機に、生産者はこの病に強いロブスタ種を栽培するようになり、現在では生産量の大部分がロブスタ種になっています。

また、生産方針はスマトラ島・スラウェシ島・ジャワ島で異なっています。

・世界の生産量ランキング

  4位

・主な品種

  ティピカ

  ハイブリッド・デ・ティモール

  カトゥーラ

  カティモール

・収穫時期

  10月〜3月(スマトラ島)

  10月〜5月(スラウェシ島)

  6月〜10月(ジャワ島)

・精製方法

  セミウォッシュド

  ナチュラル

  ウォッシュド