コーヒー生産国 インドについて

コーヒー生産国 インドについて

インドにコーヒーが伝わったのは、1670年。

メッカに向かっていたババ・ブダンという巡礼者がイエメンで手に入れた7粒の種子をインド西部に位置するカルナータカ地方に植えたと言われています。

イギリス統治下にあった19世紀以降、コーヒーの貿易が盛んに行われ、当時はアラビカ種が主流でしたが、サビ病によって、生産者はロブスタ種や交配種を栽培するようになり、更には、コーヒー豆から茶葉の栽培に切り替えるようになりました。

現在、生産者の数は25万ほどで、標高1000〜1500mの高地で、シェードツリーと呼ばれる他の樹木がつくる陰の下で育てられている。

・世界の生産量ランキング

  7位

・主な品種

  サルチモール

  ケント

  カティモール

  S.795

・収穫時期

  1月〜3月

・精製方法

  セミウォッシュド

  ウォッシュド