コーヒーベルトってなに?

コーヒーベルトってなに?

コーヒーベルトとは、赤道を挟む北緯25°〜南緯25°のエリアを指し、コーヒー栽培にとても適した地域です。

この地域の中でも、平均気温約20℃以上、年間平均降雨量1500〜2500mm、標高900〜2000m、さらに雨季と乾季があるといった条件を満たす場所で栽培されることが多いです。

ほとんどのコーヒー大国はこのエリア内に位置しており、日本で消費されるコーヒーの多くはコーヒーベルトにある国から輸入されています。

日本はコーヒーベルトから外れており、生産量は少ないです。