コーヒーの起源 羊飼いのカルディ

コーヒーの起源 羊飼いのカルディ

コーヒーの起源には諸説ありますが、その中でも有名な羊飼いのカルディの話を紹介します。

アフリカのアビシニア(現在のエチオピア)に、羊飼いのカルディという男がいました。

カルディはある日、普段は大人しいヤギたちがコーヒーの木の果実を食べたあと夜通し寝なかったことに気付きます。

カルディも試しに赤い実を食べてみたところ、気分の高揚を体感し、次第にその噂が広まっていきました。