コーヒーの日本への伝来

コーヒーの日本への伝来

コーヒーは、日本にいつ頃伝わってきたのでしょうか。

日本にコーヒーが伝わったのは、江戸時代初頭だと言われています。

当時は鎖国中で、海外との貿易が唯一認められていた長崎の出島に伝わりました。

しかし、お茶の文化が根づいた日本では、独特の苦味や香りに馴染めない人も多く、広く普及することはありませんでした。

本格的な普及は、明治半ばを過ぎてからで、全国各地に次々と喫茶店がオープンし、次第にコーヒーが人々の日常に溶け込んでいきました。