コピ・ルアク

コピ・ルアク

インドネシアでは、コーヒー豆を食べたジャコウネコのフンを集めて作るコーヒーを「コピ・ルアク」と呼びます。

消化されかかったコーヒー豆をフンから取り出し、洗浄・乾燥させて作ります。

その珍しさから、高値で取引されています。

しかしながら、このことが原因で2つの問題を引き起こしています。

①ジャコウネコの虐待

 現地の悪徳業者は、コピ・ルアクを生産するため、ジャコウネコをワナで捕らえて檻に入れ、無理矢理コーヒーチェリーを食べさせる事案が発生しています。

②模造品の流通

 実際の生産量の倍以上の模造品が市場に出回っていると言われています。